ブログ

・慰謝料請求をしたい①

パートナーが浮気をしたので、慰謝料請求をしたい。

この言葉は、お問い合わせでとても多く聞かれます。

では、慰謝料請求をする為に、我々調査会社ができることはなんでしょう。

 

それは、証拠収集です。

 

いざ訴えるとなると、相手方が否定が困難な物的証拠が必要になります。

相手が否定できるようなものでは、勝ちを逃してしまいます。

それだけで済めばよいですが、「あなたは、○○という違法行為をし、私を傷つけました。よって、謝罪をしなさい。」

というのが慰謝料請求です。

 

もし、負けてしまえば、逆に訴えられることもあります。

 

慰謝料請求とは、とても繊細なのです。

 

その為、以前にもお話した「浮気・不貞行為」を確認する作業になります。

 

○○さんと○○さんが、○○で密会をしていた。

その密会は、密室で行われ、第三者から肉体関係が有ったと認識されても致し方ない。

 

この密室がポイントですね。

他の第三者が、同席していれば先方に逃げ道はあるようです。

実際に、反論された依頼者が居ました。

 

その為、密室での接触は二人きりが有効でしょう。

これは、皆さんも想定の範囲だと思います。

ここからが重要です。

密室に居れば、即アウトなのか?

 

想像してください。

既婚者の女性のケースです。夫が外出している間。

会社の上司が、仕事の資料を好意で自宅に届けてくれた。

玄関で、荷物だけ受け取るのは忍びない。お茶くらいご馳走しなければ。

今の時代、そんな律義な事をするか?と思いでしょうが、全く理解できない行動ではないですよね?

10〜20分程度で、失礼したとして、浮気ですか?

 

関係者であれば、感情が入り、疑わしいグレーはアウトだというかもしれません。

しかし、第三者からすればグレーは、疑わしきは罰せずが鉄則なのです。

 

でも、これが定期的に訪ねていたらどうでしょうか?

会社でも、仕事の話は十分可能です。

確かに時間は、短いかもしれません。でも夫からすれば、反論の余地が出てきますよね。

 

我々調査会社は、調べたい方側の存在です。

しかし、裁くのは公平な法律や第三者の尺度です。

 

現状取れている証拠で十分ではないか?と、ご意見を頂きます。

 

それは、どなたの対場で十分なのでしょうか?

 

次回は、具体的にどのような調査を推奨しているかを解説します。


⇒慰謝料請求をしたい②につづく

 

⇒匿名・無料相談フォームへ

 

・ブログTOP

 

・TOPに戻る