ブログ

・「調査のいろは②」

最新機材に関しては、独自に開発するもののあれば、専門店で購入することもあります。

 

カメラは皆さんも想像がつきやすいと思います。

 

当たり前のはないですが、ディスカウントストアで1万円程度で購入したカメラと

 

カメラ専門店で購入したカメラ。

 

そもそもカメラ自体に性能の差が歴然です。

 

 

であれば、1万円のカメラを持たせて撮影距離が5メートル以内に近づき撮影するのと

 

高性能カメラを持って、10メートル先でも同じような精度で撮影ができる。

 

後者の方が楽ですよね?

 

 

勿論、最低限の尾行技術や撮影技術は必要です。

 

素人考えでも、お金で解決できることがあれば、導入するべきということです。

 

例え話なので、実際とは多少違うと思いますが、熟練度を補う機械的技術と言えるのではないでしょうか?

 

機材の進歩は、留まりません。

 

人感センサー付き、カメラもすごいですよね。

 

設置する場所は選びますが、人員を割かなくても撮影が可能になりました。

 

 

また、GPS。

 

一昔前は、先進技術で簡単には導入できませんでした。

 

今は安価になったこともあり、導入している調査会社さんは多いのではないでしょうか?

 

しかし、これは現役調査員の嘆きですが、技術が進歩するのは良いことですが

 

調査会社の個々のスキルが高いかと言えば、そうでもないようです。

 

機械に頼りすぎている様ですね。

 

 

良く聞くのが、GPSを見ながらゆっくり後から追っていく。

 

どこどこに居ました。と報告書に書いてありますが、写真はどれも依頼者名義の車のみ。

 

車が有ったのは分かりますが、「誰が乗ってたの?」となりますよね。

 

車を、降りて建物に異性と入るところを、撮影するのが腕の見せ所なのに…

 

 

上記に関して、重大な注意点があります。

 

GPSを所有者に断りなく、設置することは違法です。

 

あくまでも依頼者所有物である、車両に許可を得て行います。

 

稀に、平気で他人の車両にGPSを設置して調査を行い証拠を取りましたと言われる方がいます。

 

せっかく現場を押さえても、違法行為で取得した証拠はNGです。

 

 

もし調査会社に行かれることがあれば、正常な調査を行うかも判断基準になると思います。

 

弊社に関しては、コンプライアンスを徹底しておりますので、安心してご依頼ください。


⇒匿名・無料相談フォームへ

 

・ブログTOP

 

・TOPに戻る