ブログ

・調査員のヒトリゴト-18

私とM君のコンビは、飛ぶ鳥を落とす勢いで結果を上げていきました。

 

その理由は、ノープランで挑むことが出来たからでしょう。

 

基本的に、調査員同士は、綿密な打ち合わせを行います。

 

浮気・不倫調査の場合は特にですが、調査対象者の動きの予測を何パターンか考え、

 

調査対象者がこの動きをすると、こう動いて欲しいという風に、しっかり打ち合わせを行います。

 

又、そうする事で焦らずに、証拠撮影を行えるのです。

 

私は、調査を行うにあたって、打ち合わせは必須だと思いますし、最重要事項だと思っています。

 

しかし、M君と現場に出る時は、打ち合わせは全くしません。

 

 

現場までの道中は、車内でカラオケです。

 

(当時は、良く先輩調査員にスナックへれて行ってもらっていた為、その練習ですw)

 

 

本当にもう出たとこ勝負でした。

 

今思うと、結果的に上手くいっていただけかもしれません。

 

しかし、調査は結果が全てなのです。

 

相談者様が欲しいと思っている証拠撮影が出来たのかどうか。

 

それまでの過程で、いくら素晴らしい尾行が出来ていたとしても、結果が無ければ意味無いのです。

 

 

 

私とM君は、俗に言う阿吽の呼吸が出来ていたと思います。

 

 

そして、お互い得意分野があり、それぞれの苦手な事を補えていたのも良かったと思います。

 

M君は、見た目はぽっちゃりです。

 

初対面の時は、運動は出来ないだろうなと思っていました。

 

しかし、私の人生の中でも1・2を争うくらいの超絶な運動神経の持ち主でした。

 

あの体格からは想像できません。

 

マンションの3階から飛び降りてきた時は、声も出ませんでした。

 

M君との調査では、全てが上手くいったわけではありません。

 

見失う事だってありましたし、調査が発覚した事だってあります(発覚は1回だけですが)。

 

しかし、私たちは決して諦めません。

 

そういった案件は、必ず再度挑戦させて頂きました。

 

調査員には、色々な方がいますし、得手不得手な部分もあります。

 

徒歩尾行が得意だけど、車輛尾行は少し苦手ですとか。

 

基本的には、全てこなせて一人前ですが、もし阿吽の呼吸が出来る相棒が見つかると、弱点ですら弱点でなくなります。

 

人生も同じで、お互いの弱点を補える方に出会えたら、素晴らしい出会いだと思います。

 


匿名・無料相談フォームへ

 

・ブログTOP

 

・TOPに戻る